お酒

ドーパミンとセロトニン

お酒は健康上の色々なデメリットを指摘されることが多いのですが、きちんと適量を守るのならば、ストレス解消にとても効果的です。
上手にお酒を飲むことによって、ストレスが自然と解消されていき、心身をリラックスできるでしょう。
お酒を飲むことによって、ストレスを発散させている方はたくさんいます。

ただし、多くの方は間違えたお酒の飲み方をしており、それによって逆にストレスを溜めてしまったり、健康を害していることが多いです。
お酒を飲み過ぎてしまうと健康上のデメリットがたくさんあるのです。
また、毎日お酒を飲むべきではなくて、きちんと休肝日を作るべきでしょう。

どうしてお酒を飲むと楽しい気持ちになり、ストレスが解消できるのでしょうか。
それはお酒を飲むことによってドーパミンが放出されるからです。
ドーパミンとは神経伝達物質の一つであり、楽しい気分や心地よさなどを生み出してくれます。

アルコールには気持ちを落ち着かせるための物質の働きを抑える効果があるため、テンションがずっと上がり続けるのです。
また、アルコールを摂取するとセロトニンという物質も分泌されます。
これは負の感情を抑える効果のある物質であり、これがストレスを抑制する働きをするのです。

他にもアルコールによって、ノルアドレナリンや副腎皮質ホルモンなどの分泌も抑えられることが分かっています。
つまり、アルコールによって脳内の物質の分泌が制御されてしまい、楽しい気分になりやすいのです。
また、アルコールには血行を改善させたり、食欲を増進させる効果もあるため、結果的にストレスは解消されます。

アルコールを正しく飲む

アルコールには色々なデメリットがあることをきちんと理解してから飲むべきです。
たとえば、アルコールを飲み過ぎてしまうとアルコール依存症になってしまう可能性があります。
特に大きなストレスを抱えている方は、お酒の力によって無理やり嫌なことを忘れようとするために、最終的にはアルコール依存症になってしまうのです。

アルコール依存症となれば、お酒を飲まなければ気が済まなくなってしまい、大変なことになります。
また、お酒を飲み過ぎると太りやすくなって、生活習慣病のリスクが高くなります。
脳の機能にも悪い影響が生じることもあるため、適量を心がけましょう。

適量とされているのは、コップに1杯か2杯程度のお酒を飲むことです。
また、週のうちに2日以上は休肝日を作ることも大切です。
これらを心がけることによって、お酒による悪影響を防ぐことができて、お酒のストレス解消効果のみを得られます。
ストレス解消のためにお酒を上手く利用しましょう。