ストレスの原因とは

身体面と精神面

ストレスには大きく分けて身体的ストレスと精神的ストレスの二種類があります。
これらはそれぞれ原因が異なっているため、違う対処をしなければいけません。
どのような原因が存在しているのかをきちんと理解しましょう。

まず、身体的ストレスには外的ストレスと内的ストレスがあります。
外的ストレスの原因としては、病気や怪我、騒音、暑さや寒さ、お酒やたばこといった物があります。
これらは外部環境から影響を受けるものであり、さまざまなストレスを受けてしまいます。

たとえば、残業が続いてしまうことによって肉体的に疲れてしまったり、ウイルスや細菌に感染して病気にかかってしまうことによってストレスを受けます。
内的ストレスとは、食事や運動、睡眠、日常生活などから影響を受けるものです。
食べ過ぎてしまったり、栄養不足になると、それがストレスとなって身体に異常が生じるでしょう。

睡眠不足になってしまったり、激しい運動をしたり、不規則な生活をしている方はそれらがストレスを引き起こしてしまいます。
他にも色々なストレスの原因が存在しているため、注意しましょう。
ストレスを解消するために酒やたばこを楽しんでいる方がいるのですが、これらも外的ストレスとなってしまう可能性があります。

上記の行動をすれば必ずストレスを受けるというわけではなく、程度問題であることを理解しましょう。
ストレスの種類については、こちらのサイトで解説しているため参考にしましょう。
>>ストレス解消コラム

精神的ストレスの原因

精神的ストレスには社会的ストレスと心理的ストレスがあります。
社会的ストレスの原因としては、学校関係や仕事関係、家庭関係、人間関係が影響します。
入学や転校をすることになってしまい、それがストレスとなる子供はたくさんいるでしょう。

就職をしたり、昇進や単身赴任、転勤をした結果として色々なストレスを受ける人もいます。
家庭内で配偶者や子供との関係が悪くなったり、別居や離婚をした結果、大きなストレスを受けることは珍しくありません。
家族や恋人、近所づきあいなどによるストレスも多いです。

心理的ストレスの原因としては、身体関係や喪失体験などがあります。
病気や怪我をしてしまい、このまま治らないのではないだろうか、自分の命の危険が迫っているのではないかと思うと、それがストレスになります。
愛する家族や友人、ペットなどが亡くなってしまったことが、大きなショックとなって、ストレスを抱え込んでいる人もいます。

このように色々なストレスの原因があるのですが、特に精神的ストレスに関しては本人の性格や人間性などが大きく左右します。
人によって、同じ行動や出来事がストレスになる人とそうでない人がいるのです。