ストレスって何?

コントロール必要がある

ストレスは多くの方が日常的に利用している言葉なのですが、その意味をきちんと把握している方は案外少ないのではないでしょうか。
ストレスとは、外部から刺激を受けることによって引き起こされる体の反応であり、その原因となる刺激のこともストレスと呼ぶことがあります。
たとえば、ボールに力を加えてへこませた時、ボールにストレスがかかったといいます。

ボールをへこませたとしても、時間が経てば元に戻ります。
人間の体もストレスを受けたとしても、時間が経てば元通りの健康的な状態に回復します。
これは生体恒常性、ホメオスタシスと呼ばれるものであり、人間の体というのは自然に正常な状態へと戻るための働きが備わっているのです。

しかし、あまりにも強い力を加えてしまうと、ボールは元の形状には戻らなくなるでしょう。
それと同様に私達人間の体もあまりにも強いストレスを受けてしまうと、ホメオスタシスの作用が働かなくなってしまうのです。
したがって、普段外部から受けるストレスをきちんとコントロールすることが求められます。

ストレスに対してどのように接すればいいのか困っている方は多いです。
ストレスのことを気にしすぎてしまうあまり、余計にストレスを溜めてしまう方も多いでしょう。
ストレスは果たしてなくすべきものなのでしょうか。

ストレスは必要なもの

程度問題となりますが、ストレスというのは必ずしも必要でないものではないのです。
むしろ、人間が健康的な生活をするためにはある程度のストレスを感じることは必要となります。
ストレスを感じることがなければ、体を無理に働かせすぎてしまい、健康を害してしまう可能性もあるのです。

たとえば、人間は疲れを感じてしまいますが、これはそれ以上体を動かしたら、どこかに異常が生じてしまうというサインとなります。
痛みが生じたり、暑さや寒さを感じるのも、体が意識へ送っているサインなのです。
このサインを無視してしまうと、健康は簡単に損なわれてしまうでしょう。

ストレスを受けることがあるならば、生活のどこかにおかしな点が存在していることを示しています。
ストレスというサインを受け取って、どうしてそのようなストレスが生じたのかを考えることは大切です。
そして、ストレスの原因となっているものを取り除くことによって、ストレスがなくなり健康的な生活が送れるようになるでしょう。

普段から自分のストレスを気にかけるようにすることによって、豊かな人生が送れるでしょう。
ストレスを無理に取ろうとするのではなくて、ストレスと上手に付き合っていく生活を送ることをおすすめします。
ストレスは必要なものであり、それが大きくなり過ぎないように上手くコントロールしましょう。