ストレスの種類

ちょっとしたことでも…

ストレスにはさまざまな種類があります。
主に原因によってストレスは分類されることが多いです。
物理的なものや科学的なもの、社会的なものから精神的なものまであります。

それぞれのストレスの種類ごとにどのように対処するべきかが異なっています。
ストレスの種類ごとの特徴をきちんと見極めることができれば、適切な対処ができるでしょう。
日常生活のちょっとしたことがストレスの原因となる可能性を秘めているのです。

知らないうちにストレスを溜めている可能性はあります。
ストレスはとても身近なものであり、それによって人生を狂わせられる可能性もあります。
多少のストレスであれば、健康のためには受けた方がいいのですが、それが過剰になってしまうと本人のためにはならないでしょう。

ストレスとは元々ストレッサーにより物体が歪んだ状態のことです。
ストレッサーという刺激に対して心身が反応して、歪んでしまった状態をストレス状態として定義されます。

ストレスの種類

ストレスの一つとして物理的なものを考えることができます。
それは自然に代表されるような外部環境のことであり、気温の変化や騒音などです。
これらのストレスは体にすぐに反応が出てくるのが特徴であり、自分の体に危険が迫っていることを示すサインとなります。

寒ければ体を温める必要がありますし、逆に暑い場合は体を冷やさなければいけません。
あまりにも大きな騒音は耳の細胞を破壊してしまいますし、何らかの危険が迫っているのかもしれません。

社会的なストレスも存在します。
経済状況が変化してしまったり、人間関係によって引き起こされます。
これらは身体的なストレスというよりも精神的なストレスといえるものであり、本人の感じ方に左右されるでしょう。

たとえば、ちょっとした借金を背負ってしまっただけでもかなりのストレスを受ける人はいます。
逆にどれだけ人間関係が悪化したとしても、特に気にしない人もいます。
ストレスを受けるかどうかの程度は人それぞれであり、自分の特徴を見極めることが大切です。

緊張や不安、怒りや悲しみといった感情によってストレスを受けることもあります。
これらは人間が生きていくために必要なストレスなのですが、過剰に受けると危険です。
性格的にどうしても心理的なストレスを受けやすい人は存在しており、そういう方は考え方を改める必要があるでしょう。

生理的状況が変化することによって、ストレスを受ける場合もあります。
健康障害や疲労、不眠、感染などによってストレスを受けることがあるのです。
このように色々なストレスが存在していることを正しく認識しましょう。