膀胱炎

女性に多いストレス性の膀胱炎

女性の多くが罹患する病気の一つとして知られているのが膀胱炎です。

膀胱炎はしばしば腎盂腎炎と並んで紹介される尿路感染症とされる病気です。

ちなみにこの膀胱炎は圧倒的に女性の方が感染者数が多いのですが、この理由は尿道が男性よりも短く肛門と膣との距離が近いことから感染が起こりやすいからとされています。

一説では女性が一生に一度は罹患するとまで言われており、女性ならば決して他人事とは思わず予防や対策を考えていくべき病気であると言えます。

感染経路は尿道から膀胱に細菌が入り込むことで、これは器官的に近くにある肛門に大腸菌が多く存在していることから生理や性行為などにより尿道に入り込みそこから感染が始まるために引き起こされます。

また女性の場合には尿意がしてもギリギリまで我慢をするということがよくあり、そうした尿が体内に長くとどまることにより細菌を繁殖させやすくしてしまっている面もあります。

膀胱炎ともう一つ有名な「腎盂腎炎」はそうした膀胱炎状態を我慢した末に引き起こされてしまうものです。

膀胱炎は発症すると強い痛みや不快感を伴うものですが、それが腎盂腎炎にまで発展するとさらに高熱や腰痛、背中痛、側腹部の痛みといったような複数の症状におよんでしまいますのでできるだけ軽度のうちに発見・治療をすることが重要です。

ストレスにより免疫力が落ちると発症しやすくなります

膀胱炎は働く女性にとって大敵とも言えるほど頻繁に起こる病気です。

これは体の仕組み的になりやすいということに加え、仕事による精神・体力的なストレスがそのまま発症率につながっていってしまうからです。

過剰な精神的ストレスは人の体内の血行を鈍らせ、肌のターンオーバーにも関係する代謝機能を落としてしまうことになります。

この新陳代謝能力の低下は免疫力の低下と並行して起こるものであり、これが細菌が体内に入った場合の抵抗力の差になってきます。

最近どうも疲れ気味だな、よく眠れないな、というときにこそ膀胱炎はよく起こるものなので、季節の変わり目など体力が落ち気味の時期にはより一層の体調管理をしていきたいところです。

膀胱炎を予防する基本的な方法としては、「水分を多めにとるようにし、排尿を頻繁に行うようにする」ということです。

もちろんトイレを我慢しすぎるのも厳禁で、なるべく余裕のあるうちにトイレに行くようにしましょう。

また下腹部が冷えることも免疫力の低下につながってしまいますので、夏場のクーラーや冬場の冷え込みにはしっかりとそなえお腹回りのケアを忘れないようにしてください。

膀胱炎を再発しないためのケア

膀胱炎は一度治療をして治っても、その後またちょっとしたきっかけで再発してしまうことがある面倒な病気です。

とはいえ細菌は健康・不健康にかかわらず常に自然界に存在しているものですので、菌そのものを体から遠ざけることは難しいでしょう。

そのため個人でできる防御対策としてはまずストレスを避ける生活をするということと、体の免疫力を極端に下げるようなことはしないということが挙げられます。

また発症をして医療機関にかかったときには抗菌剤を処方されることになりますが、この薬の服用を勝手にやめるというのも絶対にしてはいけないことです。

体感的によくなったように感じても菌がまだ体内にいる場合にはちょっとのきっかけで再発をしてしまいますので、医師が処方した薬はきちんと最後まで飲むようにしましょう。