片頭痛

セロトニンの調整が狂う

今まで生きてきた中で一度も頭痛を経験したことがないという方はほとんどいないでしょう。
どのような方でも何らかの理由によって頭痛を経験したことがあるはずです。
頭痛というのは、その多くは理由が分からないことがよくありますが、大抵の頭痛はすぐに治まります。

しかし、継続的に頭痛が続く場合は、何かの病気なのではないかと恐れてしまう方が多いでしょう。
そのため、思い切って病院に行って検査を受けてみたのに、何も異常が見つからないことはよくあります。
このような頭痛は、ストレスが原因によって引き起こされていることが多いです。

精神的なストレスによって、頭痛が生じてしまうことは珍しくありません。
ストレスが理由である頭痛としては、緊張型頭痛と偏頭痛があります。
緊張型頭痛とは後頭部に痛みを感じる頭痛であり、疲労物質が溜まることによって、それが神経を刺激して痛みが発生するとされています。

一方、偏頭痛の場合は頭のどちらか片方で表面に近い部分に痛みが起きるのが特徴です。
人間の頭蓋骨の内側には神経と血管が平行になって左右対称に並んでいます。
神経伝達物質の一つであるセロトニンは血管を拡張したり収縮する役割を果たしているのですが、この物質がストレスによって上手く調整できないために、血管がぴくぴくしてしまい、それが神経を刺激することによって偏頭痛が起きるとされています。

偏頭痛の解消法

偏頭痛を解消するためには、一般的には薬物療法が中心となります。
結局、頭痛が生じる原因というのは神経伝達物質や血管の収縮などが関わっているため、脳内の化学物質の働きが問題となっているのです。
薬によって、脳内の神経や血管がそれぞれ正常に機能するように薬が作用します。

ただし、薬を飲んでいたとしても、根本的な原因であるストレスを軽減しない限りは、再び偏頭痛が発症してしまう可能性は高いでしょう。
また、普段パソコンを長時間使うことが多い方は、1時間おきに体を動かして筋肉をほぐしたり、あるいは目を休ませることが大切です。
疲れが溜まってしまうと、それが原因となって偏頭痛が起きてしまうことがあるからです。

性格的な問題でいうと、うつ病になりやすいタイプの方は偏頭痛にもなりやすいです。
几帳面な性格であり、曲がったことが嫌いな生真面目なタイプの方は注意しましょう。
一人だけで悩みを抱え込んでしまったり、責任を感じてしまうタイプの方は、気軽に他人の力を頼るようにしましょう。

頑張りすぎてしまうと、それが結果的に頭痛を引き起こすきっかけとなります。
ストレスは頭痛の大きな原因の一つであり、日常生活のちょっとした心がけしだいで治すことは可能です。