胃痛

一番メジャーな症状

ストレスによって引き起こされることの多い症状として有名なものに胃痛があります。
たとえば、これから自分が大勢の人達の前でプレゼンをすることになったとして、胃痛を感じる方がいます。
とても責任が大きくて緊張してしまうような状況を前にして胃痛になってしまうことはよくあることなのです。

仕事や人間関係の問題によって、胃痛になる方も多いでしょう。
特に日本人の中には胃痛を感じやすい方が多いとされています。
神経質で几帳面な性格の方が多くて、必要以上に責任を感じてしまい、将来に対して色々な不安を抱えてしまった結果、胃の痛みを強く感じてしまうのです。

胃痛には色々な種類があるのですが、それらの多くはストレスが関係しているといわれています。
まず、急性胃炎があります。
これは胃の粘膜に炎症が生じてしまい、それによって胃痛や吐き気、腹痛、下痢などの症状が出ます。

急性胃炎は数日間安静にしていれば自然に症状が治まることが多いです。
急性胃炎とは異なりその症状が慢性的に続いてしまうのが慢性胃炎です。
こちらは胃痛や胸焼け、吐き気、胃もたれといった症状が出ます。

自覚症状のない方もいるため、気が付かないうちに慢性胃炎になってしまったという方は多いです。
特に慢性的なストレスを抱えている方は慢性胃炎になりやすいです。

精神的なストレスによって引き起こされやすいものとして神経性胃炎があります。
精神的なストレスやあるいは過労によって起きることが多いです。
自律神経のバランスが乱れてしまい、胃の働きを上手くコントロールできないために発症します。

これら以外にも、胃潰瘍によって胃痛が起きることがあります。
特に急性胃潰瘍の場合はストレスが大きく関係しているとされています。

胃痛の治療法

ストレスが原因となって胃痛が引き起こされているならば、そのストレスの原因を改善させることが最も効果的です。
たとえ医師の診断を受けて、薬を処方してもらったとしても、ストレスの原因がなくならない限りは、再び胃痛が生じてしまう可能性が高いです。

胃痛で苦しんでいる方の中には、慢性的に症状が出ているケースが多いです。
そのような方は、物事の考え方がそもそもストレスをためやすいケースもあります。
したがって、消化器科を受診するだけではなくて、精神科や心療内科の医師に相談してみるのも良いでしょう。

精神的な状態を改善させることによって、胃痛になりにくい生活が送れるようになります。
胃痛が酷くなってしまうと、最悪の場合は入院しなければいけなくなります。
できるだけ胃を大切にして、胃の痛みが生じないように努力するべきでしょう。
そうすれば、胃の痛みに惑わされずに幸せな人生を送れます。