逆流性食道炎

近年増え続ける食道の病気

「逆流性食道炎」はここ近年急激に増加傾向にある食道部分で起こる病気です。

既に多くのテレビやメディアで紹介されているので名前は聞いたことがあるという人が大半ではないかと思いますが、簡単に病気の内容を説明すると、胃の内容物が食道内に逆流していくことにより食道の粘膜が傷ついてしまったり慢性的な胸やけ症状が出てしまうというものです。

逆流性食道炎は一度発症してしまうと癖になりやすく、ものを食べるたびに逆流現象が起こり吐き気や胸の痛み、慢性的な不快感を持つようになってしまいます。

また胃の内容物とともに胃酸も逆流してしまうことから長く続いてくると胃の形そのものが変形して正しい消化が行われなくなってしまうこともあります。

逆流性食道炎の原因は主に肥満や加齢による姿勢の変化で胸の部分が強く押された状態になってしまうことです。

しかしここ最近ではストレスにより胃の機能が弱くなりその延長として逆流性食道炎となってしまうという例も多く報告されています。

精神的なストレスが胃腸に多くの影響を与えることはよく知られていますが、それらの症状の中の一つとしてしばしば発症するのが逆流性食道炎ということになります。

逆流性食道炎の主な原因と対処法

逆流性食道炎は日本だけではなく世界的に増加傾向が見られている病気です。

その理由として考えられているのが先進諸国で深刻化している肥満ともう一つ「ピロリ菌」の問題です。

肥満傾向にある人に逆流性食道炎が多く発症するのは、人の体の内部にある食道と胃がつながる部分にある「下部食道括約部」がゆるくなってしまいがちだからです。

人間の体ではものを食べたとき口腔内で咀嚼をしたあとに飲み込みますが、このとき食べ物をまっすぐに胃に落とすのが食道です。

食道と胃の継ぎ目の部分には「食道裂孔」という筋肉により開け閉めをする器官があるのですが、その中でも胃の直前の部分となっているのが「下部食道括約部」です。

この下部食道括約部はねじれるようにして胃に入ったものが逆流しないようにしているものの、肥満や姿勢の悪さにより周囲から圧迫を受けたり、暴飲暴食により一気にたくさんの食べ物が胃の中に入ってくると完全に逆流をせきとめることができなくなります。

逆流性食道炎にも軽度なものと重度なものがあり、軽度の場合は軽く胸やけがするくらいですが、このせき止めがうまくいかなくなりかなり上部にまで逆流するようになると口の中がすっぱくなってしまったり、口臭や口腔内の病気などさまざまな病気につながっていきます。

食道内の炎症が進むとその部分が出血を起こし、吐血のような症状がみられることもあるので最近ものを食べると胸が苦しいと感じるようになったなら早めに病院を受診するようにしましょう。

ストレスにより胃に負担をかけないように

精神的ストレスの多くかかる状態にながく置かれていると、どうしても胃液の分泌量が多くなるとともに胃の内壁の修復機能が衰えてしまいます。

強いストレスを感じたときには胃が痛くなるものですが、そうした症状の延長にあるのが逆流性食道炎です。

もし精神性ストレスにより胃の痛みを強く感じるようになってきたら、まずはそれらのストレスのもとから遠ざかる努力をするとともに、胃に負担をかけない生活をしていくべきです。

まず暴飲暴食をしないことを心がけ、さらに睡眠時間の確保や気分転換といったことも平行して行うようにしていきましょう。