摂食障害

食行動の異常

摂食障害とは、拒食症と過食症を総称したものです。
両者は区別されているのが一般的ですが、実際には拒食症だった人が、その後に過食症へ移行することが多く見られています。
したがって、拒食症も過食症も同じ摂食障害として共通する病態として認識されています。

この摂食障害はストレスによって引き起こされる病気であり、とても辛いものです。
拒食症に関しては、特に若い女性に多く見られており、標準体重の2割以上も痩せており、食行動に異常が見られます。
自身の体重や体型について偏った認識を持っており、自分は病気だという認識がないのが特徴的です。

摂食障害は思春期の女性に多い症状であるとされていたのですが、最近では30歳以上の方でも発症することが多いです。
摂食障害によって、無月経となる方が多く、特に女性にとっては避けたい病気です。

摂食障害の大きな原因として、自分が太っていると思い込んでしまい、過剰なダイエットに挑戦したことが理由となっていることが多いです。
また、人間関係に悩みがあったり、自己実現に関する不安があったり、その他にも色々な精神的な重圧やストレスによって、摂食障害が発症することがあります。
精神的なストレスに対してきちんとした対処ができず、摂食障害が引き起こされるのです。

摂食障害を治療するには

摂食障害に関しては自分自身が病気であると気がついていないケースが多いため、周りの方のサポートが大切です。
無理やり病院へ連れて行って、医師の診断を受けて、ようやく自分が摂食障害であることを自覚したという方はたくさんいます。
基本的に自然に治癒されることを期待できず、きちんと治療を受けて少しずつ改善していくものです。

まず、長期間摂食障害が続いていると、著しく体重が減少していることがあるため、栄養状態の改善を最初に行います。
高カロリー輸液を用いたり、点滴をしてもらい、すぐに栄養補給をします。
行動療法として、自身の食行動が異常なものであることを認識して、適切な食生活を送れるように再学習する治療を受けます。

認知行動療法によって、自分は痩せなければいけないという極端な考え方を修正することも必要です。
家族関係のあり方を変えていくことによる治療法もあります。
また、摂食障害にかかってしまった方は、何らかの心理的な問題を抱えていることが多いため、心理療法も受けます。

ストレスを抱えている女性の方は摂食障害にかかってしまう可能性が非常に高いため気をつけましょう。
若い女性の3%程度が摂食障害になっているというデータもあるため、決して他人ごとではありません。
自分自身が摂食障害になってしまうかもしれないことを十分理解して、摂食障害についての理解を深めましょう。