睡眠

寝不足の女性

睡眠

成長ホルモンの分泌を促す

ストレスを溜めてしまうと、生活の色々な場面に影響を与えてしまいます。

簡単にストレスを解消するための手段として誰でもすぐに実践できるのはきちんと睡眠を取ることです。人間は眠るだけでもかなりのストレスを軽減することができるのです。

ストレスとは身体や脳などに色々な負担がかかってしまい、それによって体の機能が上手く働かなくなってしまうことによって生じます。睡眠中は基本的に外部からの刺激を受けなくなるため、とても安心できる状態となります。眠っている時に人間の体の中では成長ホルモンが分泌されて、体内で新しく細胞が生成されるのを促進します。

基本的に睡眠中に人間は体内のあらゆる細胞や組織を作り変えようとするため、これによって溜まっていたストレスも解消されていくのです。疲労物質が除去されるようになり、これによって疲れも自然にとれていきます。成長ホルモンはノンレム睡眠の時にたくさん分泌されます。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠とがあり、ノンレム睡眠とはより深い眠りです。きちんとした睡眠を取れる方というのはノンレム睡眠の時間が長くなるため、結果的に成長ホルモンがたくさん分泌されるようになり、それによってストレスを解消しやすくなります。

理想的な睡眠を実現することができれば、それによってリラックスして眠れるようになり、自然と体のストレスを取り除けるのです。

理想的な睡眠を実現するには寝具

理想的な睡眠を実現するためにできることはたくさんあります。

まず、睡眠環境を整えるところから始めましょう。自分が普段使っている枕は自分の体に合っているのか、ふとんや毛布などに違和感はないのかなどをチェックしましょう。使用する布団は、夏場と冬場で使用するものを使い分けるのも手ですが、通年使用できる羽毛ふとんを使用するのもいいでしょう。とくに最近は、保温性と通気性を高めた製法で作られた羽毛ふとんの人気が高まっています。

フランスベッドの心を込めた羽毛ふとん -JOORYU-

しかし、使用する枕は、個人の趣味や趣向によって最適な材質や高さなどが大きく異なるという特徴があります。そのため、枕を選ぶ際は寝具店に足を運んで、実際に試してみた上で選ぶほうが賢明でしょう。枕にはどのような種類があるのかという点に関しては、詳しくは以下を参照ください。

枕の中身の素材!12種類の特徴とおすすめは? | ジョイサポ

寝る前のちょっとした一工夫

どんな環境でも、ちょっとしたことが気になってしまうと、それによってなかなか眠ることができなくなります。日中はきちんと運動をするようにしたら、夜になると体がほどよく疲れるために自然と眠れるようになります。運動不足を解消することによって、ストレスの解消にもつながります。

夜はきちんとお風呂に入って体を温めておくと、自然と眠気が生じるようになります。夜の9時以降には何も食べないようにすることが大切です。胃や腸などを動かしてしまうと、眠気が生じなくなります。

パソコンやテレビなどは眠る1時間前ぐらいから見ないようにしましょう。読書をしたり、音楽を聞いたりして、リラックスした時間を過ごすようにすれば、自然と眠気が出るようになります。一度布団の中に入ったら、余計なことを考えないようにしましょう。

悩み事についてあれこれと考えてしまうと、それによって眠気が生じにくくなります。布団の中に入ったら、何も考えずリラックスした状態をキープしてください。寝付きが良くなり、深い眠りによって疲労感が解消されやすくなります。