肌荒れ

肌荒れ

ストレスは肌の美容にも影響

ストレスを受けてしまうと肌荒れになってしまうケースがあります。

肌というのは色々なストレスの影響を強く受けてしまうものなのです。特に精神的なストレスによって、肌荒れやにきびが生じてしまうことはよくあります。

ストレスがかかってしまうと、自律神経の働きが弱くなってしまい、その結果、血行が悪くなって、肌にまで十分な栄養が届かないようになります。ストレスによって、胃や腸が荒れることもあり、それが結果的に肌に対しても影響を与えることがあります。これらによって、肌荒れになってしまうのです。

肌荒れになってしまうこと自体がストレスとなってしまうこともあります。女性の方にとっては肌荒れしてしまうと美容が損なわれてしまうためとても辛いものです。しかも、毎日化粧をしなければいけない女性は、余計に肌荒れが進行しやすくなります。

間接的に肌荒れを引き起こすことも

空気が悪いところで生活をしている方や、たばこやお酒などを大量に摂取している方も肌荒れになりやすいです。

これは一見すると、たばこやお酒が原因のようにも見えますが、たばこやお酒の量が増加したそもそもの原因を探ると、間接的な形でストレスが関わっていることもしばしばです。実際、増加しすぎたストレスを解消するために趣向品であるたばこやお酒を嗜む人は多く、結果的に肌荒れを引き起こしているケースも少なくありません。

さらに肌荒れの主な要因としては、睡眠不足なども挙げられますが、こちらもストレスによって寝付きが悪くなっていることが多く、いずれにしてもストレスを取り除くことによって問題解決できる可能性が高くなっています。ストレスを解消する方法は人によって様々ですが、平行してスキンケアを欠かさずに行うようにしましょう。

参考.美肌の天敵、アルコール! お酒が肌に及ぼすダメージを栄養士が激白

スキンケアの方法

スキンケアのためにできることの一つが、肌に良い食事を取ることです。

肌に良い食事をすることで、肌荒れしにくくなり、ストレスを和らげることもできます。まず、肌荒れを改善させるためにはビタミンB1をきちんと摂取することが大切です。ビタミンB1が豊富に含まれている食べ物としては、玄米や豚肉、うなぎ、のり、緑茶といったものがあります。これらをできるだけ毎日摂取するようにすれば、体の内側から体質が変化していき、肌がキレイになります。

普段使っている化粧品に関しては、肌に刺激が強いものを使うのはやめましょう。特に免疫力が低下している時には、これまで普通に使えていた化粧品の刺激が強すぎることもあります。肌荒れになった方は、普段使っている化粧品を刺激が弱いものに変えましょう。

ニキビの治療薬はたくさん売られているため、もし顔にニキビができてしまったならば、すぐに薬を利用しましょう。そして、肌荒れを改善するために最も効果的なことは、ストレスの原因を解消することです。そうすることによって、ストレスが取り除かれて、肌は自然に元の状態に戻ります。肌荒れを治療するためのスキンケアを行えば、その効果はすぐに出てくるでしょう。

間違ったスキンケアとは

人によっては、スキンケアとしてムダ毛の処理を行うこともありますが、処置の方法を間違えると炎症を起こすこともあります。ムダ毛の処理に限らず、洗顔後に肌水や乳液を使った保湿においても、体質に合わないものを使用することで肌荒れを引き起こしかねません。

スキンケアに使用するアイテムは、体質によって合う合わないが大きくことなるため、可能であればパッチテストなどを行ったあとで自分に合っているか否かを検討したうえで使用するようにしましょう。

ちなみに、ムダ毛の処理やその後のスキンケアに関しては、エステよりも病院の皮膚科を利用するほうがいいでしょう。これは、肌がデリケートな人ほどスキンケアもより繊細に行う必要があるため、医学に基づいた処置を行えるぶんエステサロンよりも医療機関のほうが信頼できるためです。

参考.脱毛するなら医療脱毛がおすすめの理由|Beauty note